教育研究全国大会

安倍政権の総仕上げ 教育再生と憲法改正に全力

1

「美しい日本人の心を育てる教育」と教育正常化を推進する一般社団法人・全国教育問題協議会(中尾建三理事長) は5月28日(土)、東京都内で「教育再生と憲法改正~日本の国づくり、人づくりのあり方を求めて~」をテーマに第36回教育研究大会を開催しました。 基調講演は首相補佐官として教育再生に携わった山谷えり子参院議員。教育基本法改正から7~8年で子供たちの学力が回復してきた経緯や若者に足りない志の大切さについて講演しました。 山谷議員は「自民党ホールでは3年5が月前に総裁選で安倍総裁が選出されました」「『日本を取り戻す』ためにみんなで力を合わせるために戦わせてほしい」と安倍総理を中心に願い出た当時、…


憲法改正と教育の課題と克服について活発に討議 教育研究大会

1

8月29日、一般社団法人・全国教育問題協議会(全教協) は東京・永田町の自由民主会館で「美しい日本人の心を取りもどす自主憲法の制定をめざして―現憲法のどこをどう改正すべきか―」をテーマに第35回教育研究大会を開き、憲法改正をめぐる日本の教育の課題や克服について活発に討議しました。 基調講演は船田元衆議院議員 (自民党憲法改正推進本部長)が「いまなぜ自主憲法制定なのか」をテーマに約1時間、憲法問題の総論から分かりやすく改正の必要性を解説し、熱弁を振るいました。 日本国憲法の成り立ちについてはGHQの押しつけ論と憲法古着論があり、これまで憲法解釈でしのいできた歴史を紹介。船田議員は歴代内閣で解釈改…


日本人の自主憲法を取りもどす 全教協が大会

船田氏

(社)全国教育問題協議会(略称・全教協) は8月29日(土)午後1時00分~午後4時30分、自由民主会館8階大ホールで「美しい日本人の心を取りもどす自主憲法の制定をめざして―現憲法のどこをどう改正すべきか―」をテーマに第35回教育研究大会を開催します。 基調講演は船田元衆議院議員 (自民党憲法改正推進本部長)が行います。 全教協 は昭和52年(1977)、日教組が暴走し、日本の教育の荒廃を憂い、全国の民間人の有志がポケットマネーを出し合い結成した団体です。以来、全日教連 の発展を願い、今年で38年目を迎えました。 全教協としては、より多くの方が憲法改正や教育改革に参加する手だてとして、第35回…


全国教育問題協議会第34回教育研究大会

zenkyoukyouyosiiespeech1

教育再生へ活路見出す議論活発に 「日本を取りもどす教育を求めて ~教育の再生の決め手とは~」 8月18日、一般社団法人・全国教育問題協議会(全教協)は東京・永田町の自由民主会館で第34回教育研究大会「日本を取りもどす教育を求めて ~教育の再生の決め手とは~」を開き、日本の教育の課題や克服について討議し、参加者との質疑応答も活発に行われました。 基調講演は「ヤンキー先生」こと衆議院議員(前文科大臣政務官)の義家弘介氏が「どうする! 日本の教育の再生」をテーマに約1時間、日教組が日本の教育界を蝕んだ問題点や家族のあり方、教育改革の展望について自身の経験を織り交ぜながら熱弁を振るいました。 義家衆議…


朝日新聞従軍慰安婦虚偽報道に対する緊急要望書

要望書を国会議員である丹羽秀樹衆議院議員と宮川典子衆議院 議員に手渡す全国教育問題協議会の中尾建三理事長

8月18日、一般社団法人・全国教育問題協議会(全教協)は東京・永田町の自由民主会館で第34回教育研究大会「日本を取りもどす教育を求めて ~教育の再生の決め手とは~」を開き、8月5日付の朝日新聞で従軍慰安婦問題に関する大誤報を一部認めたことについて、全教協では緊急提言として「朝日新聞報道をめぐる要望書」を国会議員である丹羽秀樹衆議院議員と宮川典子衆議院議員に手渡し、朝日新聞が国会での説明責任を果たすように要望しました。   朝日新聞従軍慰安婦虚偽報道に関する要望書 平成26年8月18日 一般社団法人 全国教育問題協議会 平成26年8月5日の朝刊で、朝日新聞が従軍慰安婦問題の大誤報を認め…


第32回全教協教育研究大会基調講演(要旨)

SANY24411

日本の教育行政の問題点 参議院議員 山谷えり子 氏 社団法人全国教育問題協議会(中尾建三理事長)は平成24年8月8日、東京・千代田区の自由民主会館で、全教協教育研究大会を開催。 「日本の教育行政の問題点」と題して参議院議員山谷えり子氏による基調講演や「教育行政のあり方を斬る」をテーマにパネルディスカッションがおこなわれ、会員その他約300人が参加し、熱心な提言と討議を展開しました。 山谷えり子氏の講演の要旨は以下のとおりです。 司会 ただ今から、安倍晋三総理の時に、首相補佐官として教育再生を担当されました参議院議員山谷えり子先生から「日本の教育行政の問題点」をテーマに基調講演を賜ります。〈拍手…


第31回全教協教育研究大会 基調講演(要旨)元内閣総理大臣 安倍晋三氏

講演する安倍晋三氏

第31回全教協教育研究大会 基調講演(要旨)        祖国日本の国難を乗り越えるために                          元内閣総理大臣 安倍晋三氏 (社)全国教育問題協議会〔中尾建三理事長〉では(平成23年)八月十五日、東京・千代田区の自由民主会館で第51回「全教協教育研究大会」を開催し、元内閣総理大臣の安倍晋三氏による基調講演や「これからの人づくり、国づくりのあり方を求めて」をテーマに、パネルディスカッションが行われ、約五百人が参加した。安倍晋三氏の講演の要旨は次の通りです。  司会 元内閣総理大臣・安倍晋三先生の講演をいただきます。テーマは「祖国日本の国難を乗り越え…


第31回全教協教育研究大会パネルディスカッション

SANY23441

どうしたら祖国日本の国難を乗り越えられるか 平成23年8月15日  於 自由民主会館 ●コーディネーター ・小林正氏(元参議院議員・教育評論家) ●パネリスト ・久保井規文氏(全日本教職員連盟委員長) ・萩生田光一氏(前衆議院議員) ・山谷えり子氏(参議院議員)   ◆民主党政権が引き起こす五つの日本の危機  【小林】 ご紹介いただきました小林です。本日は大東亜戦争終結の日です。私は当時、疎開先の秋田県のお寺で玉音放送を拝聴いたしました。 本日のシンポジウムのテーマは「どうしたら祖国日本の国難を乗り越えられるか」ですが、六十六年前の八月十五日、この日から国難が始まったのではないかと思…


山梨に続き、東京で教育懇談会を開催

SANY21691

全教協教育懇談会の詳細報告日教組支配の教育政策にメス 山梨に続き、東京(9月6日)で教育懇談会を開催教職員の違法行為に、×(ノ-)を  (社)全国教育問題協議会は平成二十二年九月六日(月)午後一時から、自民党会館会議室において、約二百名が参加し、教育懇談会を開催した。会の冒頭、中尾建三全教協理事長から参議院議員山谷えり子氏、参議院議員義家弘介氏、参議院議員上野通子氏に対して、教育の正常化を願う要望書を手渡し要望した。 懇談会は自民党の教育政策について、義家弘介氏が、民主党の教育政策については小林正氏が講演した後、会場の参加者との活発な質疑応答が交わされ、約三時間にわたり、討議が展開された。 日…